眼瞼下垂の治療

眼瞼下垂の治療法について

眼瞼下垂とは、上まぶたの皮膚が垂れ下がることによって、物が見づらくなったり視界が狭くなるなどの症状のことを言います。 眼瞼下垂は、生まれつきまぶたをあげる筋肉が発達していない先天性の人もいますが、加齢によってまぶたの筋力が落ちてしまう人も多くいます。また、コンタクトレンズを長期間使用していると、取り外しの際にまぶたを引っ張る行為を繰り返すことで筋力が弱り眼瞼下垂になってしまう人もいます。 眼瞼下垂は眼科や美容クリニック等の医療機関で治療が可能です。治療は余分な皮膚を切り取って縫い合わせたり、緩んでいる筋肉を縫うなど症状によっていくつかの方法が取られています。 また、眼瞼下垂の治療には健康保険の適用が可能となっています。

目の下のたるみを取る方法

眼瞼下垂は物が見えずらいだけではなく、実際の年齢よりも老けて見られたり、片方だけが眼瞼下垂だと目の大きさが違って見えるなど、見た目にも影響が出て来ます。 しかし、年齢よりも老けて見られるのは目の下のたるみも同様です。目の下のたるみは加齢によって脂肪が溜まり、皮膚が下がってしまうのも原因の一つですが、その他にもまばたきの回数や化粧品など色々なことが原因として考えられます。 目の下のたるみに関しては美容クリニック等で治療が可能です。 治療法はレーザーなどを用いて余分な脂肪を取り除く方法や、ヒアルロン酸や脂肪を注入して皮膚を持ちあげてたるみを改善する方法などがあります。 これらの治療に関しては健康保険は適用されないので、治療費はクリニックごとに異なります。